PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 ハムスターブログ ゴールデンハムスターへ
AYファミリーを応援してね♪

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | TOP↑

≫ EDIT

プゥめもりある

プゥとの思い出を振り返ってみました



3000.jpg

2007年11月10日、我が家へやってきたプゥ。
「まだ小さいので部屋の温度に充分気をつけてください」とショップの店員に言われた
小さな小さなプゥ。


3001.jpg

しかし、全く動じないプゥさんは初日から暴れていました。



3002.jpg

生後2ヶ月。初めての脱走。
うちでは散歩はなかったですし部屋もはちゃめちゃ。ハムスターを部屋で
散歩させるなんざ絶対無理っていうような飼い主でした。

その後どんだけこっちが知恵出して脱走出来まいとしても、プゥも新しい知恵を出し
あらゆる方法で沢山脱走して沢山部屋で遊んでいました。


3003.jpg

あまりにも元気すぎるプゥは当時飼っていたロンとは正反対の性格で
すぐさま衣装ケースの住まいに移りました。物が全て真ん中に置かれているのはすぐに
そこから脱走しようとするためです。


3004.jpg

でもプゥだって負けていません。どこか外に出られるところはないかと毎日毎日
格闘していました。この写真の位置からジャンプするってのを何度も繰り返してました



3005.jpg

まだまだお子ちゃまなんでしょうか、無防備に寝る姿も。



3006.jpg

実はプゥの最期の姿も↑こうだったんですよね。外に出すのが大変でした。



3007.jpg

ロンがいなくなってからは遅くなってからじゃないと行動しなくなったプゥ。
少し大人になってきたのかもしれません。でも少し外に出すと嬉しそう。


3008.jpg

1歳になったころ。この頃からすでに軟便ぎみだったプゥは何度も巣箱を変更されました



3009.jpg

お気に入りの場所はやっぱりここ。ハウスの屋根の上のステージです。



3010.jpg

プゥがここまで頬袋を使ったのはこの時これきり。脱走してから返されたプゥは
すぐさまごはんを全て詰め込んで脱走した時に見つけたアジトに持っていこうと
したようです。


3011.jpg

ピアがやってきた頃は飼い主も外での野放し散歩をさせるようになっていました。
ピアの全てのものに興味を示し、この頃からはピア目的で散歩を楽しむように。



3012.jpg

ピアのトンネル、ピアのお皿・・まだピアに直視することは少なかったです。


3013.jpg

ピアを写真に撮ろうと思っても必ず近くにいますw



3014.jpg

何してるのかと思えばピアのおもらししたところを舐めてました。。。。。



3015.jpg

ピアと初めてのデート。気持ちが高ぶりすぎたのか押しすぎのプゥさんに
ちょっと引いてるピア。



3016.jpg

デートは不器用なプゥさん。ピアに振られたこともピアにビンタ?されたこともありーの
やっとこさ子孫を残すことに成功しました。ピアが子育て中何故か哀愁漂ったおっさんに。



3017.jpg

しかし、子供たちが元気に過ごす中やっぱりパトロールは欠かせません。
子供たちが巣立ちするまで散歩は禁止されていたプゥ。元気に再開です!



3018.jpg

木のハウスを消毒してる間はトイレの上からアピール。


3019.jpg

そして回し車の上で転寝したり、水槽の真ん中で仮眠したりしだした頃。


3020.jpg

どんなおはなしをしていたのかな???



3021.jpg

飼い主がチビたちのお世話をしているのをいつも興味深々で寄ってきました。
どっか散歩に行けばいいのにw



3022.jpg

2歳を過ぎても毎日走ることは欠かさず日課となっていました。



3023.jpg

立ちポーズに違和感を感じたころ。それでも毎日同じように過ごしていたかな



3024.jpg

そして最期の散歩。この頃は2日に一度程度、外に出ても居眠りしたりと
あまり散歩にはなってなくて気分転換のようなものでした。


3025.jpg


3026.jpg

元気な子。プゥの印象はそうです。
元気すぎてやんちゃな子だったけど飼い主やくまさんの手にはすぐ捕まってたね。
食べることより外での散歩が好き。手でおやつをあげたら外に出してくれる手だと
おやつを無視するため手渡しであげることなんてあんまりなかったよね。

だから私もかなりオドオドしちゃったけど・・・。
プゥと過ごした時間は宝物。一生大事にしていきたいと思います
にほんブログ村 ハムスターブログ ゴールデンハムスターへ
AYファミリーを応援してね♪

| スクラップブッキング | 15:41 | comments:3 | TOP↑

COMMENT

思い出すと、悲しいと思いますが、落ち込んでないでこれからも、がんばってください。

| くまさん | 2010/04/28 20:31 | URL |

ありがとう

私、ロンちゃんと暮らしていたころからのプゥちゃん
よくみていたはずなのに(こちらにお邪魔するようになって、AYさんのおうちにきたころから、全部読んだのです)
今こうしてみると、まだまだ赤ちゃんっぽいね

いつもいつもみていると気がつかなかったんだけど
赤ちゃんから大人になっていたんだね
最近は「大黒柱プゥちゃん」イメージが定着していて
なんだか懐かしく思います


いまそれぞれのプゥちゃんのことが思いだされて
プゥちゃん、いつも元気でお散歩してたな~とか
ピアちゃんとラブラブだったな~とか
とにかく、いろいろなことを考えます

プゥちゃんはしっかり生きて
しっかり子孫も残して
ハム馬鹿なわたしにまで思い出もくれて
ほんとうにありがとうといいたい気持ちでいっぱいです

これからは一生AYさんと一緒だね
きっといつも寄り添っていてくれるはずだもん


| popo | 2010/04/28 21:46 | URL | ≫ EDIT

人間から見ると、ハムスターの一生は短いように思ってしまうこともあります。
でも、こうやって振りかえってみると、プゥさんにもいろんな出来事があって、本当に一生懸命に生きて、人生をまっとうしたんだと思います。

大切なハムスターが亡くなって、体は消えてしまったけれど、飼い主が思えばどこにでも連れて行けるし、いつでも一緒にいれるようになったと思えるようになりました。
病気をすることもないし、温度管理も必要ない。
ある意味、無敵だと私は思っています。(笑)
「からだ」があった頃は、旅行に連れていくこともできなかったし、一緒のふとんで寝ることもできなかった。
でも、今は心に思えばいつでも一緒にいられますからね。
今でも亡くしたハムスターを想うと涙が出ますが、悲しい思い出ではありません。
これからも、応援していますよ!

| ほげまめ | 2010/04/29 01:17 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。