PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 ハムスターブログ ゴールデンハムスターへ
AYファミリーを応援してね♪

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | TOP↑

≫ EDIT

プゥ、病院へ


前2記事「プゥ、一大事」、「【続】プゥ、一大事」に続き今回は病院へ行ってきたので
報告です。写真は病院から戻ったプゥです。

昨夜、寝そべりながら目を開け呼吸が荒く「もう長くない・・!」と飼い主、
勝手に勘違いもしたりしパニックにもなりましたが、
プゥは病院で診てもらい、「特に異常なし」との事でした。

症状「元気がない、睾丸の腫れ、食欲不振、急にビビリ、鳴く」などがあり
診察室で先生が抱きかかえて診て貰ってる時は本当にドキドキしました。

睾丸の腫れは発情期には腫れるらしくそれのおそれもあるとのこと
(10ヶ月齢では少し遅いらしい)写真も持参しましたが今は大丈夫で腫れが続くと
危険は危険だそうです。ロンとの闘いで負った傷も話したんだけど、
何よりもキンクマハムスターという種類はよく人間に慣れ、非常に大人しい種類らしい。

「いやいやこの子はですね」っておばちゃん母ちゃんぶりを出してしまったけど
プゥの独特の行動は「個性」であって元々キンクマは大人しいそう。

ゴールデンハムスター同士は一緒に飼えない
発情期のオス、メスがその時に一緒にしかいられないので喧嘩は起こりうる事だけど
相手のハムスターが死んでしまうくらいの喧嘩となると相当プゥ自身が怖かった
証拠でそのトラウマやストレスで性格がそこで変わってしまったりしたのかもしれない

と言われました。

体重が落ちてきて、便も普通なら診察中に出したりもするらしいけど出ず
検査も出来ませんでした。カラカラウンチではだめみたいで・・・。

プゥは首部分をつかまれ腹を見せる格好の診察でしたが
目玉が飛び出てました(相当怖かったみたい)
お腹や睾丸をみてもらい、歯や頬袋の中も診て貰いました。

その際に使う長い麺棒プゥはをガッシリ掴んで拒否ってましたwww

糸くずなどが胃にたまり、食欲不振になった場合はレントゲンや死後に分かることで
レントゲンを撮る場合ハムスターは麻酔をしないと無理だそうです(だよね)
そこまでしてレントゲンを撮るのもどうかって感じなので(負担も大きいし)
とりあえずは様子見とのことです。これ以上体重が落ちて(110g台)考えましょうとのこと。

今の体重120g台は特に大丈夫、もう少し増えてもOK。
ひまわりの種は避けた方が良いけど好物を与えて少しでも食べて貰えるようにと。

747.jpg
↑すぐに隠れて大人しいプゥ。
帰りもキャリーの中で音も立てずに大人しくしていました。

ロンはツメきりの後は元気いっぱいで「本当にロンか?」ってくらいだったけど。。

いっつも「笑えるプゥ」と思ってたけど、本当はロンより怖がりさんなのかもしれない。
ロンの死のことばかり考えていたけど残されたプゥのことなんて考えもしなかった。
ましてやハムスターがトラウマやストレス、その事での恐怖を感じ続けるなんて
思いもしなかったです。ごめんね、プゥ。

くまちゃんや友人も心配して「今のプゥ」の写真を送ったりしてました。
でもどれも↑のような写真で。。

しばらくは、そっとしてあげててください。と先生が言ってました。

散歩してないから・・・とロンの死後、無理やりに散歩をさせてたのかもしれません。

読んでくださってる方、ご心配おかけしました!!
これからもプゥと飼い主の私を宜しくお願いします!



あと!気温の事を言われました。
実はずーーとクーラーをつけているのでもしかしてそれが原因とかも
思ったのですが、先生に「クーラーをつけています」と言ったら何も言われなかったので
やっぱりハムスターがいる部屋は気温を保った方がいいみたいですね。
私の部屋は今は27度~28度の設定でクーラーつけてます。

今は涼しいので窓からの風で充分です。
にほんブログ村 ハムスターブログ ゴールデンハムスターへ
AYファミリーを応援してね♪

| 日常の出来事 | 20:39 | comments:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。